≫≫【白漢しろ彩】のお試しができる唯一の販売店はこちら≪≪

 

今、赤ら顔が落ち着いた!という【白漢しろ彩】が話題ですよね。

 

スキンケアでは赤ら顔をケアするのは無理!

 

ファンデーシヨンで隠しすしかない・・・と諦めていた人たちが、白漢しろ彩で赤みが落ち着いたと話題です。

 

赤ら顔で悩んでいる人の多くは、ニキビ跡や、敏感肌乾燥肌の方が多いんですよね。

 

また、アトピー色素沈着のこともあります。

 

特に頬がいつも赤いとおてもやんみたいで恥ずかしいんですよね・・・^^;。

 

今まで敏感肌用の化粧品を使ってもダメ、皮膚科に行って相談しても効き目なし・・・と言う人が気休めに使ってみたら意外と良かったという声が多いんですよね。

 

そんな【白漢しろ彩】がどこでお試しができるのか気になりますよね?

 

白漢しろ彩をお得にお試しするには?

 

白漢しろ彩はスギ薬局やマツモトキヨシ、サンドラッグ、ぱぱす、セイムスなどのドラッグストアなどでは店頭販売されていません。

 

また、ドン・キホーテやロフト、東急ハンズなどのディスカウントショップなどでも取り扱いがありません。

 

白漢しろ彩は通販のみでの扱いとなっています。

 

実は、お試しサイズというものはありません。

 

1本100mlのみの販売となっています。

 

白漢しろ彩 1本 100ml

公式サイト

楽天

Amazon

単品購入

5,600円+送料600円

6,048円+送料無料

6,048円+送料無料

定期コース

4,480円+送料無料

なし

なし

返金保証

定期コースのみ・30日間返金保証あり

なし

なし

 

通常購入だと楽天かAmazonが6,048円+送料無料で安いですね。

 

が、公式サイトの定期コースにすると、20%OFF+送料無料になり4480円で購入することができます。

 

定期コースはいつでも解約可能で、30日以内なら返金保証もついているので安心して解約することもできますよ♪
※30日以内に何らかのお肌のトラブルがあった場合のみです。

 

定期コースは、普通3、4回は続けて下さい・・・という条件があるので、1回で解約ができるのはとても親切だと思います!!

 

1週間程度のお試しサイズがないならいいや・・・と思いますか?

お肌は28日周期で細胞が生まれ変わり、3ヶ月かけてやっとすべての細胞が生まれ変わると言われています。

 

1本1ヶ月と考えると、3本使ってみてはじめて効果がわかる!ということですよね。

 

ただ・・・。

 

これは20代までの話ですよ!

 

実は、30代からこの28日周期はどんどん長くなります。

 

30代は45日前後、40代は60日前後、50代は75日前後、60歳は90日前後と言われています(T-T)。

 

だいたいの目安なんですが、やっぱり3本は使ってみて様子を見るのが一番お得かと思われます^^;。

 

≫≫赤ら顔をケアする【白漢しろ彩】の詳細はこちら

 

白漢しろ彩の口コミ

刺激はありません

使用してそんなに日にちが経っていないので効果はまだわかりません。

でも、刺激はないので満足して使っています。
今まで使っていたものは刺激があってヒリヒリしていたので、これは助かります。

今までの悩みがウソみたい

使い始めて10日ぐらいで赤みが減ってきました。
日中の肌の乾燥もなく、肌の潤いを感じてびっくりしました。
皮膚科にまで通い悩んでいたのがウソのようです。
しばらくはこちらのしろ彩にお世話になります^^。

更年期からの赤みにも

若いころは何でもない肌だったのが、更年期からかほてるように赤くなってしまいました。
外出も恥ずかしかったのですが、しろ彩を使ってから2週間ぐらいで赤みが落ち着いたような気がします。
今は4本目ですが、以前より赤みが和らぎましたよ。

寒いところからの・・・

寒いところからの暖かいところに入った時の顔の赤さに悩んでいました。
が、しろ彩を使ってから、以前よりも赤みが控えめになってきました。
正直、化粧水ぐらいで・・・と大した効果は期待していませんでしたが、思ったより良かったです。

 

このように皆さん、敏感肌で使うので刺激が心配だったけど大丈夫!・・・、今まで長年悩んできたのにスキンケアもできて良かった、更年期からでも大丈夫、寒い季節にも使える・・・と感じているんですね^^。

 

成分がやさしくて、お肌はしっとりするのに赤みは感じない・・・というのが人気のようです。

 

それでも自分に合うかどうかはわからないので心配・・・と言う方は、上手に30日間返金保証を使ってお試してみてはいかがでしょうか^^。

 

≫≫【30日間返金保証つき】が安心な【白漢しろ彩】はこちら